チャットレディが会社設立や法人化するメリット・デメリットってなに?

この仕事をしていると、かなり高い収入をそれだけで得ることも可能です。お小遣い稼ぎ程度なら別ですが、ある一定水準まで稼ぎ出すと個人にかかる所得税率は非常に大きくなります。所得額に応じて6段階までの税率があり最高所得税率ではなんと40%という高いパーセンテージが課されますので、ほぼ半分近くの所得を税金で納めなくてはならなくなります。

40%の所得税率は年間1800万円超の所得がある場合に限られるので、なかなかそこまで稼ぎ出すことができるチャットレディはいないかもしれませんが、695万円超の所得がある場合には33%の税率が課されますので、単純に月60万円程度を稼いでいる人なら確定申告で税金としてがっぽり持っていかれることになります。

アダルトライブチャットでは月に100万円を超す報酬をもらっている人もいますので、チャットレディといえども法人化・会社設立したほうが節税できることがあり、それが法人化する最大のメリットになります。法人にした場合は自分自身が給与所得として受け取る形にすることができます。これにより自分の稼ぎは会社から支払われる「給与」ということで給与所得控除が会社経費として認められるようになるというメリットがあります。

またある段階で個人事業主にも消費税が課せられてきます。会社を設立した場合資本金1千万円未満であれば2年間は消費税が免税されるというメリットもあります。この仕事で会社を設立する場合、資本金1千万円超になることはまずありませんので、このメリットは大きいと思います。

ただし法人化にはデメリットもあります。例えば個人事業主として申告していた時よりも税務調査が入りやすくなります。そのため記帳はより厳密にしていかなくてはなりませんし、その他法人に発生する税金を納めなくてはなりません。特に法人住民税は赤字であってもきっちり支払わなくてはならず、最低でも7万円/年は必ず納めなくてはならないというデメリットもあります。

このような税金関係での支払いが増えることもありますので、法人化・会社設立は必ずしも節税にならないことがあります。また個人事業主の場合には自分だけで確定申告をすることができたけれどさらに複雑になるため税理士に依頼しなくてはならないことも多く、支出が多くなることもあります。一般的に法人化したほうが節税効果があると言われている純利益の金額は700万円を目安にするとよいと言われていますので、コンスタントにその金額を稼げるようになっているチャットレディは、税理士に相談してみるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です