チャットレディは事業所得or給与所得?所得税申告はどうすればいい?

チャットレディは、確定申告しなければならないことがほとんどです。しかし、これまで申告したことのなかった方にとっては、調べてみても難しい言葉ばかりでわかりづらいかもしれません。ここでは、チャットレディの確定申告について説明します。

確定申告ってなに?

chatlady63

確定申告とは、個人事業主をはじめとした事業者が、年度末に所得の計算をして税務署へ「今年はこれくらい稼いだので○○万円の所得税を納めます」と申告することです。会社から給与を得ている場合には、年末調整で控除額の申請をし、毎月の給料から天引きの形で税金を納めていますので、確定申告は必要ありません。

ところが、チャットレディの場合には個人事業主ですから、どこかから給与を得ているわけではありません。サイトから払われているのは、あくまでそのサイトで稼いだ報酬という仕組みになっているためです。そのため、税金を差し引いてくれるわけではなく、自分自身で支払う必要があり、その際に確定申告をすることになります。

もし、確定申告をしなかった場合、税務署から税金を未納である旨とともに納税をするように通知がきます。放置してしまうとさらに税金が高くなってしまうので、必ず行うようにしましょう。

確定申告をしなければならない人

とはいえ、すべてのチャットレディが確定申告をしなければならないわけではありません。例えば、チャットレディしかやっておらず、収入が38万円以下の方の場合には、確定申告が免除されます。その理由は、免除額として規定された額を超えていないため。既婚者や学生で扶養の範囲内で働きたいという方もこの金額を目安に働くようにするとよいでしょう。

また、チャットレディの収入は、雑収入だと考えて確定申告が必要ないとするケースもあるようですが、これは境界線が曖昧で意見が割れる部分です。基本的には、事業収入であるほうが、経費申請がしやすく確定申告における控除も大きくなります。迷った場合には事業収入であるということを税務署へ申告してみることをおすすめします。

申告方法にはどのようなものがある?

確定申告には、「青色申告」と「白色申告」と呼ばれる二つの種類の申告方法があります。これらは、収入の違いによってどちらかを選択するのではなく、申告の難しさや細かさに応じて分けられているものです。

経費を大まかに計算するだけで申告ができるのが白色申告で、細かい記載が求められるが、白色よりも控除してもらえる額が大きくなる青色申告となっています。そのため、チャットレディであっても青色申告をした方が税金の額を小さくすることが可能です。

もちろん、青色申告はその分、領収書を全部取っておかなければならなかったり、複式簿記が必要になったりと手間が大きく、多くの事業主は申告手続きを税理士へ頼むほどです。とはいえ、稼ぎが大きければ大きいほどこういった控除額の恩恵は大きくなります。自分の収入と相談しながらどちらで申告するべきか考えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です