チャットレディの副業が会社にバレない為の確定申告テクニックをこっそり伝授

直接働いているところを見られてしまわなくとも、税金の徴収によってバレてしまう可能性がある副業。しかし、副業がバレてしまうと、会社に居づらくなってしまうという方も多いはずです。それでは、どのようにすれば副業がバレないようにできるのでしょうか?

副業バレの危険を回避する方法

chatlady33

実際に多くの方が副業で、月に何十万も稼ぐことも珍しくない世の中です。副業をしていることが本業にバレにくくする方法もきちんとあります。そのポイントは「納税の徴収方法を変更する」ということです。

実は、確定申告では、会社が給与から天引きする住民税の年収額のうち、給与以外のものについては別途納税するという選択ができます。これをしない場合には、副業を含めてすべての収入の合算額から住民税が課税されるため、それをすべて会社が払うことになり、バレてしまうリスクが高くなるのです。

確定申告時に「普通徴収」を選択しよう

給与以外の所得にかかる税金については自分で納入するようにしたい、という方は確定申告時に、住民税の徴収方法の選択欄を普通徴収とする欄にチェックを入れるようにしましょう。これは、「給与から差引き」「自分で納付」と二つの欄のあるうちの後者を選択するだけで完了します。

こうすれば、会社から支払われた給料は天引きで、残りについては自分で払えますので、バレるリスクを下げられるでしょう。4~6月にあなたの住民税が算出されると、会社での給与以外はすべて自宅に請求書が届きますので、それを使って納税するだけ。戸惑うこともないはずです。

それでもバレるリスクはゼロじゃない

副業でチャットレディをする場合には、自宅勤務か事務所の持つ個室内で仕事をすることになります。そのため、他のアルバイトと比べて直接バレてしまう危険性は少ないもの。チャットルームに直接同僚がアクセスするようなことがなければ基本的にはバレないでしょう。

ところが、気をつけなければならないのが、先ほどの確定申告で徴収方法を変更したにもかかわらず会社へ請求されてしまうケースです。これは、そもそも徴収方法を指定できるのが「給与、公的年金等に係る所得以外」と規定されていることが原因。勤め先へ住民税の請求が会社へいってしまう可能性は否定できないのです。

この問題については、各自治体でも取り扱いが異なる上に、事務所での給与支払システムにも関係する部分ですので、一概に対処法を述べられません。もし、不安であれば仕事を開始する前に、自治体と事務所両方へ問い合わせてみるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です