副業なら配偶者控除範囲を意識して働こう

会社員として働く夫の妻が専業主婦としての時間を有効利用しようとこの仕事をすることは少なくありません。在宅の仕事は家庭の主婦にとってメリットが多く、それゆえにひそかな人気を集めている仕事です。ですが夫の扶養である場合にはチャットレディとしての働き方に注意が必要です。ほんのお小遣い稼ぎ、家計の足しにと始めたつもりでも稼ぎ方によっては、かえって多く税金をおさめなくてはならないことが起こるためです。

chatlady57

専業主婦がこの仕事をする場合には、配偶者控除の範囲を意識して仕事をするように心がけましょう。税金が増えてもそれを支払ってあまりある大きな稼ぎがある場合には、思い切って扶養から抜けてしまうのも一つの手ですが、扶養に入っているというのは実は税金やその他の面でかなりの優遇を得ています。配偶者控除とは面倒をみなくてはならない配偶者がいる場合、単身者よりも生活にかかるお金が必要になるため、それに配慮して税負担を軽減してくれるという制度です。

よく耳にするパートをやっている主婦の「扶養範囲内で働きたい」というのはこの配偶者控除の範囲ということになります。そしてそれは「103万円」を限度として、ということがよく知られていますが、これは必ずしも正解ではありません。とくにこの仕事にこの金額の上限は当てはまりませんので注意しましょう。それではこの103万円という額はどこからでてきたのかというと、基礎控除である38万円と65万円の給与所得控除を足した金額になります。

一般的にパートによる収入がある場合でも仕事で使う衣服やその他もろもろは「経費」になりますがその範囲はまとめて65万円までと定められています。この控除を足した金額が103万円であるため配偶者控除の範囲に誤解が生じているという訳です。この仕事は「給与所得」としてもらえるワケではなくあくまでも「報酬」ということになります。よって65万円の枠がある給与所得控除は適用されません。

そのためチャットレディの配偶者控除の範囲は、基礎控除額である38万円以下になります。この仕事はあくまでもお小遣い稼ぎ、家計の足しであると考えているのならば、配偶者控除枠を超えない範囲で仕事をするようにしましょう。ただし38万円までといってもかかった経費は別途計上することができますし、その他の各控除により所得額は変わります。所得額が38万円であれば配偶者控除の範囲内におさまりますので、かかった経費や各控除を計算しながら働くのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です