確定申告の手順・やり方

確定申告には期間があります。毎年2月16日から3月15日までがその期間でありこれは提出期限にあたります。その提出期限内に毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得を報告するのが確定申告です。そして確定申告により所得税と住民税が決定されます。これはこの仕事で報酬を得た場合にも変わりません。基礎控除額38万円を超した報酬があるチャットレディは、その所得を申告しなくてはなりません。

chatlady56

これを怠った場合には、あとからさかのぼってチェックされ過去の所得とプラスアルファの納税が課されることになります。確定申告をするためには、前述した提出期間の間に管轄の税務署に出向き「平成○年度分の所得税の確定申告書」という書類をもらい必要事項を記載し提出するのが基本です。

今現在はインターネットを経由するE-TAXというシステムがあり、在宅で確定申告をすることも可能です。この場合には手書きで確定申告書に記載するときに必要ないアイテムを準備する必要がありますが、混み合っている時期に税務署に出向かなくて済み時間もかからないというメリットがあります。手書きの書類を使う場合には、必要事項を記入して控除に必要な各書類を添付します。控除とは法で定められているもので各項目があります。

代表的なものは医療費控除や、生命保険控除ではないでしょうか。その他にも地震保険や住宅ローン控除などがあり、それぞれ該当するものに費用が掛かっている人は、その金額により税金の控除が受けられるというものです。それらの必要書類を添付してから封をし期限内に管轄の税務署に持ち込むか、または郵送するかになります。郵送する場合には期限内の消印が有効になります。

E-TAXを使う場合には、現在のところ控除を受けるのに必要な書類の添付が免除されているため、比較的楽に申告することができます。E-TAXで用意されている項目それぞれに必要なことを入力していき、最終的にそのまま送信してしまうことまでできます。

その際には現在のところ住基カードとそれを読み込むカードリーダーが必要になっているため、住基カードを持っていない人は前もって管轄の市役所や区役所に出向き発行してもらうことが必要です。カードリーダーも住基カードを読む込むことができるものを購入しておく必要があります。

パソコンによる確定申告はそのまま送信することができますが、必要箇所の入力をしたらプリンターなどから出力して印刷することもできます。そしてそれを税務署宛てに持ち込むまたは郵送することで確定申告をすることもできます。このように確定申告にはいくつかの方法がありますので、自分の環境やスタイルなどにあわえて選択するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です