通勤チャットレディのメリット・デメリット

この仕事というと在宅というイメージがありますが実は通勤でできる仕事も存在しています。お仕事先サイトでチャットをするということは変わりませんが、通勤には在宅の仕事にはないメリットもあります。例えば仕事をする上で必要になるものと、あると便利なものを自分で用意しなくてもよいという点は大きなメリットであります。

通常在宅で活動する場合、パソコンやインターネット環境、マイクやウェブカメラは自分で用意する必要があります。パフォーマンスを盛り上げるための小道具や衣装も当然自分で購入するものですが、通勤の場合プロダクションに所属し、決められば場所でお仕事をするためプロダクション側がライブチャットで使うものはすべて用意してくれています。

chatlady21

そのため家族と同居という女性でもチャットをするための部屋が用意されているのでバレずに仕事をすることができますし、パソコンを持っていなくても用意されているチャットルームに行けばまったく困らずにお仕事をすることができます。この仕事を始めたいけれど家族がいて自宅が使えないという女性や、そもそもパソコンもインターネット回線も持っていないというような女性でも初期費用をかけることがなく気軽に仕事ができるのが通勤の最大のメリットであります。

また通勤型であるため仕事に必要な衣装を自宅保管する、ということもしなくてよくそれだけに家族に秘密にしやすいというのもメリットです。このような利点が通勤にはありますが、それでは反対にデメリットになることはどんなことでしょうか。それはそもそもチャットレディというお仕事の手軽さがなくなってしまうという点にあるでしょう。

通勤する必要があるため出勤日は自分で決めることができますが、空いた時間にいつで好きな時に仕事をしたいという希望は完全にはかないません。基本的にチャットルームは24時間好きな時に使えますが空いてなければ利用できませんし、電車の時間なども関係してきますので自宅で活動するほどの気軽さやお手軽さは通勤の場合にはありません。

また通勤は大都市に限られておりそれ以外の地域に居住している人には利用しづらいというデメリットもあります。通勤は一般的なアルバイトでも通常はあるものですので、割り切ってしまえばあまりデメリットに感じることはありませんが、この仕事を知っている人だと得られるメリットが半減すると感じることもあります。