在宅の場合、どのような部屋・背景にすればいい?

在宅でお仕事をする場合に気を使うのは映像に写り込む背景です。この仕事をする女性は、リアルばれは絶対にしたくないという人が多いでまず安全面を考えると、背景に特定されるものが写り込んでいないかはしっかりチェックしておくことが重要です。

次に男性ユーザーの集客面では映る範囲は雑然としていないようにしっかり片づけをしておくというのがおすすめです。色々な男性客がいますので、中には生活感がありありで、雑然としている方がよいという人もいるかもしれませんが、大多数の男性は散らかった部屋からライブチャットをしている女性には興ざめしてしまうものです。また雑然とした背景ですと、チャットレディの顔やルックスに集中できずチャットを存分に楽しめないという人もいますので、最低限カメラに映る範囲は掃除をし片づけをしておくようにしましょう。

どうしても隠し切れない人は、布をかぶせてしまうというのも一つの手です。背景には布をかぶせて自分の顔や姿が大きく映るように調節すれば、汚い部屋が写るよりはマシです。布をかぶせる際にはあまり柄がらしいものは避けるようにした方がよいでしょう。特に細かい柄が入っているような布の場合、雑然としている印象を与えますし、視覚からの情報が多すぎるためチャットに集中できずすぐに退室されてしまうリスクがあります。なるべくシンプルに一色のものを選んで隠すようにしましょう。

ただしこの方法は実はチャットレディにとっては非常に疲れるものです。汚い部屋を隠すために背景に布をかぶせカメラで映る範囲を狭くするというのは、自分の待機の姿勢も変えにくくなってしまいます。そのためできることなら日ごろからしっかり片づけて困らないようにしておくことがやはりおすすめです。また部屋のごちゃごちゃ感が伝わらないように、壁面を背にするのもよいかもしれません。多少シンプルすぎてしまうため、魅力に欠けるのが難点ではありますが、雑然としている部屋よりはずっとよいでしょう。

壁面を背にするときには、できるだけ窓の外が写るのは避けるようにします。窓の外は外界であり、特定につながる材料が潜んでいるからです。ネットユーザーの中には、少しの情報を沢山つなぎ合わせて住まいを特定してしまうことを趣味のようにしている人もいますので十分に注意しましょう。

また壁面を背にしている場合、映像がシンプルすぎてしまうのと見ている側からすると壁が近いので圧迫感を感じてしまうこともあります。おすすめなのは壁面を背にしてもカメラは遠めに設置して空間を広く見せることです。これにより圧迫感がかなりなくなりますので男性ユーザーもリラックスできます。その際はカメラで映り込む床面だけは片づけて、余計なものはカメラの背部に移動させておくと絶対に写り込みません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です