綺麗な二重まぶたを作るアイメイクのコツ

日本人女性は一重または奥二重だといわれています。外国人のようなぱっちりした目元をもつ女性はそう多くはありません。しかし特に若い女性には目元がぱっちりしているような人が増えてきています。中には整形手術で大きくしている人もいますが、多くはメイクを工夫して綺麗な二重にみせているのです。現代はさまざまなメイクアイテムがあります。それらを駆使すると一重の人でもパッチリした綺麗な目元を作ることが可能です。

二重にするためのメイクアイテムといったら有名なのはアイプチ、アイテープなどでしょう。芸能人女性の中には絆創膏を小さくカットして、それを張り付けて二重を作っているというような人もいます。絆創膏なら通気性もよくしかも粘着性にも優れていて、かつ肌色で目立たないので、確かによいアイテムかもしれませんね。

特にこの仕事で目を綺麗な二重に見せたい場合には実際に対面するお仕事ではなく映像が送受信されるだけですから、まったく気づかれることもなくおすすめです。専用のアイテムを使う場合には、アイプチは目をつぶった時に引き攣れが目立ちやすいのと、時間がたつと糊がでてきてまぶたに乗せているアイシャドーなどが糊にくっついて悲惨な状態になるのでおすすめしません。

メザイクなどのファイバーの細い糸状のものを使うのがおすすめです。アイプチよりコストがかかることがあり、多少コツも必要ですが自分が狙った位置に大きく二重をつくることができますし、何より細く透明の糸状であるため非常に目立ちにくいというメリットがあります。二重の線がしっかり作れたら、よりくっきり二重が目立つようにアイシャドーを載せていきます。

一重の場合に濃いアイシャドーをまぶた全体に乗せてしまうと異常に腫れぼったく見えてしまうものですが、綺麗な二重を作れる場合には濃い目のアイシャドーがおすすめです。濃い目のアイシャドーは二重部分に施しますが、それより一段階明るい同系色の色をアイホール全体になじませるのが綺麗に見えます。

夜の時間帯ならパール入りのつややかなゴールドなどもおすすめです。それをアイホール全体にいれたら、濃いアイシャドーを二重の部分に乗せていきます。さらに目の際にアイラインをひくと引き締まって綺麗な二目を強調することができます。

このアイメイクのポイントは、ファイバー状の糸を使って大きいラインの二重を作り、さらにアイシャドーとアイラインで強調するようにするところです。メザイクをつかった二重が作れるとそれに満足してしまう人もいますが、綺麗に見せるためにはアイシャドーとアイラインは必要不可欠ですのでしっかり使うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です