ブサイクでもギャルメイクならある程度盛れる

この仕事は必ずしもルックスと人気がイコールで結びつくとは限りませんが、やはりルックスや良いに越したことはありません。ルックスはライブチャットではお客さんにとって第一に入る情報になるというのが理由です。このお仕事はまず「チャットしてみよう」と思ってもらえるかどうか、というところが集客の第一関門になりますので、いくらルックスと稼ぎはイコールではないといっても、できるだけ多くの男性客に興味を持ってもらえるように少しでも可愛くみせられるような工夫をするようにしましょう。

お仕事先サイトの傾向にもよりますが、一般的にパッチリ二重の大きな目の女性を好む男性は多くいます。日本人らしい腫れぼったい一重で顔に自信がないという女性でも、実はパッチリ二重の大きな目はメイクで実現することが可能です。とくにこの仕事は実際に顔を合わせることはなくウェブカメラで送られる映像のみでルックスが判断されますので、メイクでかなり盛っても不自然に見えないというメリットがあります。

とくにギャルメイクを習得すると目の大きさはかなり盛れますので、ルックスに自信がないという女性でも普段とはまったく異なるぱっちり二重の大きな目を作ることができます。ギャルメイクで盛るためにまず必ず用意しておきたいアイテムはアイプチとつけまつ毛、黒、白のアイライナーです。これらはお仕事だけで使用するのであれば100均で購入できるアイテムで十分用をなします。

ベースメイクとファンデーションを施してからつけまつ毛は上まぶた用だけではなく、下まぶた用のものと部分用のものというように数種類用意しましょう。またギャルメイクで盛るならばつけまつ毛の二枚つけというテクニックもおすすめです。通常購入できるつけまつ毛ではギャルメイクでは多少ボリューム不足になります。

2枚のつけまつ毛を少しずらして隙間を埋めるようにするとかなりのボリュームアップがはかれます。この際つけまつ毛の長さがですぎるようでしたら自分でカットして使うようにしましょう。ギャルメイクの場合は多少一般的なメイクの手順と異なります。アイメイクはまずつけまつ毛をつけるところから始めます。

この時のポイントとしては「盛る」ことが目的のメイクですので、地まつ毛の際につけるのではなく上まぶたなら少し間をあけて上に、下まぶたの場合は少し間をあけて下側につけるようにします。このようにつける場合、付属の接着剤では弱いことがありますので、接着剤代わりにアイプチを使います。

そして上まつ毛をつける位置を二重にするようにします。上下に空いてしまったまぶたとの間を上側は黒のアイラインで埋め、下側は白のアイラインで埋めるようしましょう。このようなギャルメイクで目の大きさは3倍くらいに盛ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です