人見知りをしてしまう原因を知って、話せるチャットレディにレベルアップ!

人見知りの原因として考えられることはさまざまなことがありますが、大体3つにわけることができます。まず1つは過去のトラウマにより人見知りしてしまうというものです。たとえば過去にいじめにあったという人や、馬鹿にされたことがあるという体験によりそれがトラウマになってしまい知らない人や面識があまりない人、関係が浅い人などに対して人見知りしてしまう、というものです。

chatlady32

それが遠い昔であっても嫌な思いをしたという経験により必要以上に人に対して身構えてしまうことがあります。直接的に会話をからかわれる以外にも、例えば容姿をからかわれたことが原因で、自分はどんな風に思われているのだろうということを考えすぎてしまい人見知りを起こすケースもあります。

次に人間が本来持っている防御本能により人見知りが発動することもあります。知らない人に対して必要以上に自分の情報を漏らさないようにする、ということに通じますがそれも自分の身を守るために発動されるいわば人見知りと言い換えることもできる警戒心によるものです。また自分をさらけ出すことで相手にどのように思われているのか、傷つけられるのではないかという気持ちをもつことで、人とうまく会話できなくなってしまうのも防御本能からくる人見知りです。

とくに誰にでもよく思われたいという人の場合、自分が言ったことがどう思われるのかわからないため言いたいことが言えなくなってしまうという人はこのタイプの人見知りが多くいます。またこれは次の人間関係を作る過程で人見知りになってしまうタイプに通じます。

人とコミュニケーションをとることで、自分はどう思われているのか、相手にどういう印象を与えてしまうのかということに強い不安感を覚えて、話したいことはあるのに、「これを言ったら嫌われるのではないか」「どう思われるのだろう」ということがやたらに心配になってしまって思ったことも言えなくなってしまうというのが人見知りの原因になります。頭の中はフル回転しているけれど、話出せないのもこれが原因の人見知りです。

多くの場合人見知りの人は「何も話すことがない」という人ではありません。いくつか原因になることは異なりますが、大体の場合話したいことはあるけれど、自分が変におもわれないかと気にするあまりに会話が続かなかったり、相手に深く踏み込めないまたは踏み込まさせることができないという人になります。どんな原因で人見知りになった場合でも、あせらず徐々にコミュニケーションを重ねることで自分を変えていくことはいくつになっても不可能ではありませんのであきらめずに、克服していくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です